海老名でiPhone修理するときに必要なもの

海老名にはiPhoneを修理することのできるお店がいくつか見つかります。iPhone修理を依頼するときはできるだけ早く修理をするためにあらかじめ用意しておくと役に立つものがあるので、今回はそれを紹介しましょう。まずは持ち込み修理をする場合です。iPhone修理は中のデータを破損する恐れがあります。

そのためiOSのバックアップをあらかじめ取っておくことをおすすめします。また、iPhone修理によっては初期化する必要がありますが、そのときに必要なのがAppleIDです。これはメールアドレスやパスワードなどで構成されるIDですが、初期化のために必要となるので調べておいてください。バッテリーの交換はiPhone修理のなかでも多いケースです。

バッテリー交換はフル充電にすることは望ましくありません。Appleの公式サイトによるとバッテリーは約30%が望ましいとされているので、調節しておくといいでしょう。また修理内容によってはデバイス本体だけでなく、アクセサリが必要なこともあります。特に充電ができないといったケースはデバイスに問題はなく、充電のケーブルに問題がある場合も多いので、アクセサリも用意しておくといいでしょう。

海老名の店舗では本人確認書類を求められることや電話番号などを求められるケースもあります。以上が持ち込み修理にかかるものです。海老名にはiPhoneを配送して修理する配送修理という方法を行っている店舗もあります。配送修理はわざわざ店舗に持っていく必要がないので便利です。

ただ、配送修理ならではの必要なものもあるので確認しておきましょう。まずはiOSデバイスのバックアップです。持ち込みと同じようにデータが破損したりする可能性があるので、バックアップを取っておいて初期化します。SIMカードを使っている場合は、あらかじめデバイスから取り除くことを指定する店舗もあります。

SIMカードは修理の際に外すからです。アップルストアの修理のときもSIMカードは外すようにアナウンスされています。配送修理は配送日を指定して、運送業者に引き渡しますが、そのときはダンボールなどで大切に梱包しておきましょう。修理が完了すると、自宅まで郵送されます。

郵送されたらデータを復元して、SIMカードを入れると終わりです。iPhoneの修理はあらかじめ準備しておくと、店舗で迷ったり作業をまったりする必要がないので便利です。故障の状況もスタッフに伝えると修理に役立つでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です